Archive for 1月, 2017

もうすぐ春ですね

水曜日, 1月 25th, 2017

au スマートフォンの学割プランのコマーシャルに、引き続き3太郎が出演していますよね。その発表会の模様がテレビのバラエティ番組で取り上げられているのを観ました。

出演していたのは桃ちゃんと浦ちゃん^^浦ちゃんが昨年大晦日の紅白歌合戦で歌ったこともあり、それについても少し語られていましたが。

浦ちゃんの歌う歌は、最初聴いた時にはすっごく「いいな~」って思ったんですが、2度3度と重ねていくとちょっとしつこい?^^と思ってしまい、個人的にはもういいかなと感じたんですがみなさんはいかがでしょうか^^でも、紅白歌合戦に自分のよく知っている人が出演して熱唱するというのは、また格別な想いがあるのでしょうね。桃ちゃんはとても感動したとインタビューで答えていました。

コマーシャルの方では、金ちゃんが浦ちゃんを学生にして学割プランがすっごくお得なことをアピールしています。そっか、もうすぐ春。中学生、高校生、大学生、そして社会人と、スマホを初めて持つ人や買い替えをする人が多くなる時期ですものね~。

「arrows NX F-01J」の虹彩認証「Iris Passport」

木曜日, 1月 19th, 2017

富士通コネクテッドテクノロジーズのNTTドコモ向けAndroidスマートフォン「arrows NX F-01J」は、ドコモ向けarrowsのフラグシップ「arrows NX」シリーズの最新作です。“スペック番長”から“実用性重視”に方針転換した、印象的なモデルとなっています。丈夫なボディー設計、採用するチップセットなど、F-01Jの実用性重視の姿勢はさまざまな面から感じることができます。その中でも一番“地味”ですが、“重要”な改善が図られた虹彩認証「Iris Passport(アイリスパスポート)」なのです。Iris Passportのハードウェアは、赤外線カメラと赤外線ライト(LED)から構成されています。認証の際には、赤外線ライトが目に照射され、それを赤外線カメラが撮影し、撮影した目の虹彩が、本体に登録してあるものと合致すれば、本人確認OKということになるのです。目に照射される赤外線は、人体に照射する光線の安全基準である「IEC62471(JIS C 7550)」をクリアしているので、距離基準(目から15cm以上)を満たす限りは安全上の問題は全くありません。不意に距離基準未満に目(顔)が近づいてしまった場合は、近接センサーがそれを検知してIris Passportを停止するので安心です。

スマートフォンを子供に持たせるタイミング

土曜日, 1月 14th, 2017

スマートフォンも今ではたくさんの方が持っていますよね。
そして、最近では子供までもがスマホを持つようになってきています。
そんなスマホなのですが、何歳からスマホを持たすべきなのか迷うお母さんもたくさんいるでしょう。
今では、高校生になると30パーセントの親が子供にスマホを持たせているそうです。
最近では、中学生でもスマホを持つようなコが増えてきています。
中には小学生なんて子もいますよね。
でも、ベストなタイミングとしては高校生ぐらいなのかもしれないのかなと思ってしまいます。
スマホがあるともちろん便利です。
しかし、スマホを持つ事で子供が危険な事に巻き込まれる恐れもあります。
それを考えるとスマホを持たせることもすごく怖いものです。
でも、タイミング的には高校生ぐらいなのかなと考えておきたいと思いました。
高校生になれば自分でアルバイトもできるようになるので、スマホを持たせやすくなるのかなと感じます。
スマホを持たせるタイミングはお母さんを悩ませるものですが、高校生にもなってくれば言っている事もきちんと理解をしてくれるので、あまり大きな心配もないのかなと思いますね。
小学生や中学生はちょっとまだ怖い気がします。

ミドル世代が根気強い?

水曜日, 1月 11th, 2017

昨年の夏、日本はポケモンGOブームで各有名スポットは連日人でごった返していました。東京、お台場なんてレアポケモンのラプラス出現情報によって、警察まで出動させていましたからね~。

しかし、半年経った今ではその姿はほとんど見られないとか。早い・・速すぎませんかね^^とくに10代、20代の若層世代のポケモンGO離れが顕著だとか。彼らの世代では、どんどん新しいユニークなものが出てくるし、人間関係も変化が大きいので、1つのものに長い期間熱中するというのは、確かに難しいのかもしれません。

現在、レアポケモンが出現すると噂されているスポットは、若干の人が来ているとのこと。内訳ではミドル世代が多かったそうです。自分がポケモン世代だったこと、子供がポケモンが好きだから、集め始めたら途中で止めたくない、コンプリートしたいからなど理由はさまざま。やっぱりミドル世代の方が根気強く長く維持していきそうですね^^

でも、今年もイベントやポケモンが増えるといった情報も聞こえてくるので、もしかしたらポケモンGOブーム再来?なんてことも^^

ゲームが大好きなあなたにこの端末をおすすめ!

どうなんでしょう・・・

日曜日, 1月 8th, 2017

みなさんはポケモンGOで遊んでいて課金をしたことはありますか?そう言えば!ちょっと前にどこかの町の町長さんだか市長さんだかが、ポケモンGOを政務中でもやっていたことからニュースに取沙汰されたことがありましたよね。また、そのレベルが高い!劇的な速さでレベルを上げていたんで、きっと課金してバンバンレベルを上げたんだろう・・と推測できました^^

どうなんでしょう。良い大人が課金までして遊ぶなんて、という声もあるでしょうし、大人になって自由にお金が使えるようになったんだからゲームの課金ぐらいと思うか。

ポケモンGOでは、アイテムを入手するために課金をし続けられる?ような仕様になっていますよね。先日任天堂からリリースされたスーパーマリオランでは、すべてのステージで遊ぶために1200円を支払わなければいけません。しかしそれ以降の課金は無い。

どちらが良いとか悪いとか、私的には節度を持ってゲームしていれば楽しめてどうでも良いのでは?気分転換には最適!と思うのですが^^

auのタブレット端末「Motorola XOOM 2 Media Edition」

金曜日, 1月 6th, 2017

タブレット端末は便利で持ち運びやすいため、たくさんの人が使用しています。
このタブレット端末は数多く販売されていますが、どのようなタブレット端末を使用すれば良いのか分からないという人もいると思います。
そうした人に参考にしてもらいたいのがauのタブレット端末である「Motorola XOOM 2 Media Edition」です。
このauのタブレット端末はディスプレイサイズは約8.2インチと大画面になっていますので、どなたが使用しても見やすいと思います。
ボディサイズは縦約139ミリ、幅約216ミリ、厚さ約9ミリ、重さが約386gになりますので扱いやすくて持ち運びやすさも兼ね備えたタブレット端末と言えますね。
また、プロセッサは1.2GHzになっていますので、サクサクと快適に使用することができるでしょう。
カメラは約500万画素の背面カメラと約130万画素の前面カメラを搭載していますし、LEDフラッシュ付きですので、写真を撮るのが苦手な人でも綺麗に撮ることができると思います。
この他には、バッテリー使用時間が6時間以上ありますので長時間使用したい人でも安心して使用することができますし、前面パネルにはゴリラガラス加工が施されていますので傷が付きにくくて良いでしょう。
こうしたauのタブレット端末が気になった人はよければ試してみてください。

手書きメモを上手に管理しよう!電子化が可能な手書きメモアプリ

日曜日, 1月 1st, 2017

手書きのメモをどうにかして上手に管理できないだろうか・・・そんな風に思っている人も多いと思いますが、スマホやauのタブレットを使えば実現可能となります。とても便利な時代になりました。思いついたときにすぐに手書きでメモをとって、手書きメモをデジタル化する。これで管理がとても楽になりそうです。手書きメモをデジタル化できるサービス、SHOT NOTEはKINGJIMがリリースしているアプリです。専用のメモ帳に書き込んだ内容を、アプリから読み込んでデジタル化することができるのが特徴です。専用のメモ帳には、さまざまなサイズ・タイプがラインナップされています。日付や通し番号の記入欄もあるので、メモが散逸することも防げそうですね。読み込んだメモの管理は、DropboxやEvernote、Google Driveなどのクラウドサービスと連携して行うのがオススメと言って良いでしょう。次は、クラウドメモサービスのEvernoteアプリです。軽快に動いてくれるアプリなので、手書きメモはどんどんとクラウド保存しておくことができます。タグやノートブック機能など、メモの管理にも優れてるのが特徴です。高級ノートのMoleskine(モレスキン)やポスト・イットへの対応、名刺のデジタル化機能も利用可能です。アプリは無料で利用できるのですが、ビジネス向けの有料プレミアムプランも用意されています。