Archive for 2月, 2016

ソフトバンク、携帯電話料金とあわせて子どもの支援活動に寄付できる「チャリティスマイル」

日曜日, 2月 28th, 2016

ソフトバンクは、携帯電話料金の請求とあわせて、虐待などで家族と離れて暮らす子どもや遺児などの支援活動に寄付できる月額10円のオプション「チャリティスマイル」の提供を開始しました。寄付先は、あしなが育英会と中央共同募金会。ユーザーからの10円の定額料とあわせて、ソフトバンクから10円を拠出しています、「チャリティスマイル」の1契約ごとに毎月20円が奨学金貸与や児童養護施設施設、子どもの自立支援などの活動に寄付されるとのことです。大規模震災時には、ジャパン・プラットフォーム、中央共同募金会や日本赤十字社を通じて、被災地支援活動にも活用されます。頼れる家族がいない子どもたちを、毎月支援できる料金オプションもあります。ご利用料金に10円プラス、ソフトバンクも10円プラス、計20円を毎月寄付するようになるのです。あなたからの\10+ソフトバンクからの\10=計\20/月→支援の対象は日本全国の子どもたちということです。ソフトバンク携帯電話から「*8888」に電話(自動音声システム)でもかんたんにお申し込みが可能となっています。チャリティスマイルによる寄付金は児童養護施設にいる子どもたちや退所後の子どもたちの自立に向けた支援や遺児孤児の奨学金支援などに活用されます。また災害発生時には、被災地支援にも活用するということです。

dポイントで追加チャージできるサービスを開始

金曜日, 2月 26th, 2016

毎月のデータ通信量を使い切った場合に、dポイントで追加チャージできるサービスも開始するとのことです。1000円で1GBずつ追加できる「スピードモード」および「1GB追加オプション」の支払い方法にdポイントを加えるもので、1080ポイント(1GB分)ごとに充当できます。利用できるのは4月の利用分(5月請求分)からということです。ドコモの加藤薫社長は新料金について、「タスクフォースの議論を経て、2015年12月に総務大臣から料金値下げの要請を受けた。これを踏まえて検討したもの」と説明しています。2014年に開始した新料金制度「カケホーダイ&パケあえる」をベースに、「(データ容量を)主に家族でシェアして、効率的に無駄なく使えるのが特徴」(加藤社長)となっているのです。さらに加藤社長は「データ利用が毎月1GB以下のユーザーは、その6割が家族とシェアを組んでいる。5GBのプラン追加で、シェアパックの利用者を増やしたい」と狙いを語りました。またカケホーダイライトの適用範囲を拡大したことで、料金の自由度を高めたとい付け加えています。単独契約で月1GB以下の新料金については、「検討したし、これからも検討していく。だが、まずは家族で分け合いながら、便利に長く安心して使って欲しいという新料金プランの基本に立ち返り、(小容量シェアパックの)拡充を決めた」と今後の登場に含みを持たせています。
 スマホ・オブ・ザ・イヤー2015

ドコモ音楽 そして勉強

日曜日, 2月 21st, 2016

スマホ 音楽と言うのもいいですが、スマートフォンはいろいろなもの役立てることが出来、スマホで勉強している人たちもいます。

そのような人たちはこんなアプリに注目しています。アプリって何も遊ぶためだけの道具ではありません。お母さんたちもそろそろ子供さんのスマホを認めてあげる頃かもしれません。

スマホで他の子供さんよりも一歩も二歩もリード出来るかも。TOEIC対策に効果的!英語リスニングナビ、毎日日替わりで英語ニュースを聴くことができる英語学習アプリです。

Umano(ウマノ): 英語でニュースリスニングは、海外ニュースを聞けるニュースリスニングアプリです。

実践リスニングNEWSは、アメリカ合衆国の国営ラジオのニュースを英文を見ながら聞くことができます。

さかなクンは、さかなクン渾身のイラストギョ!ラリーなど様々なコンテンツを収録しています。

巨虫図鑑vol.1もあり、昆虫を知らない現代社会の子供さんにもっと虫について知って欲しいです。

photo_zpsjkhgneqt.jpg

格安スマホの特徴

月曜日, 2月 15th, 2016

月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)スマホ】は今人気急上昇の商品となります。月額3,000円以上安くなったという方が多数いるというくらい嬉しい声が集まっているのです。選べる豊富なプランでデータ容量は500MB、1GB、3GB、5GBとたくさん使いたい人、ちょっとだけ使いたい人、2台持ちたい方など様々な方に合ったプランが用意されているのです。SIMだけ買ってお気に入りのスマホに乗り換えもOK。もちろん端末セットもあります。UQ mobileはauの子会社が提供しているMVNOの一つです。UQ mobileには他のMVNO同様、データ通信のみのプランとデータ通信+音声通話プランのものがあるのが特徴となっています。まずデータ高速プランですが、データ高速プランは月々2GBで980円、無制限となると月々1980円の料金がかかります。データ高速+音声通話プランは月々2GBで1680円、無制限では2680円となります。TSUTAYAをよく利用している方必見のスマホ TONE(トーン)です。TSUTAYAのDVDレンタルが月1回無料になったり、Tポイントが10倍貯まったり(キャンペーンにより異なります)お得なサービス満載となっているのです。なんと使うたびに Tポイントが貯まるお得なスマホで、月額1000円から使えて、抜群のサポートで初心者も安心のスマホです。そうはいってもなんだかんだでオプションを付けると高くなるんでしょ!と思っている人は必見です。実際に平均月額1,700円程度で使用している格安スマホなのです。「OCN モバイル ONE」は、使わない月は月900円、たっぷり使う場合にはつき1800円と毎月自由にコースを選ぶことができます。NTTdocomoのエリアに対応しているので、出張等広いエリアで使いたい方におすすめです。

Android版Googleマップに「Driving Mode」追加

月曜日, 2月 8th, 2016

GoogleがAndroid版Googleマップをアップデートし、ユーザーの履歴や時間、交通情報に基いてユーザーの行き先とそのルートの交通状況を表示する「Driving Mode」(日本はサポート地域外)や音声ナビのオン/オフボタンを追加しました。米VentureBeatsがGoogleに確認したところ、この機能を使えるのは現段階では米、英、UAE、アイルランド、マレーシア、ニュージーランド、シンガポールの7カ国のみということです。この機能は、ユーザーがマップに登録している自宅と職場、検索履歴、実際の時間と位置情報、公共の交通情報などに基いて、ホーム画面を1タップするだけでユーザーの目的地およびその目的地までの所要時間を表示するというものです。例えば通常の出勤ルートで交通渋滞が発生していることなどが分かるので、ルートを変更したり、もう少し残業して渋滞の解消を待つといったことができるようになります。 このアップデートでは他に、音声ナビのオン/オフを画面上をタップすることで切り替えられるようになり、「タイムライン」に設定機能が追加され、履歴を修正できるようになるのです(Android Policeより)。
 

学生はいつ制限がかかるか戦々恐々――auの学割が「5GBプレゼント」になった理由

木曜日, 2月 4th, 2016

日本の携帯電話市場が最も熱くなるのは春商戦です。進学や就職など、新生活がスタートする時期にあわせて、携帯電話を新たに契約したり、これまで使ってきた環境を見直すユーザーが多いとされるからです。2016年の大一番に向けて、12日、KDDIは2016年春モデルと若年層をターゲットにしたキャンペーンを発表しました。KDDIの発表会の直前には、競合他社であるソフトバンクも学割を発表していて、ここの戦いの火ぶたが切られた格好です。1年前の学割では、毎月の割引を前面に押し出していたauです。今回も割引はあるものの、その金額は最大1000円/月と前年度より縮小しているのです。その一方で、大きく打ち出されたのが「5GBプレゼント」という特典です。12日の発表会でプレゼンテーションを行った田中孝司社長は、その背景について、年齢層ごとでのデータ通信の利用動向を示しながら語っています。「10代~30代のスマートフォン浸透率は80%を越えてきました。当社ユーザー1万人にアンケートをとったところ、8~15GBを使いたいという人は、10代で72%、20代で60%に達しています。若い人のデータニーズでは、こんなに(多くの通信量を求める人が)いらっしゃるということです。一方で3~5GBを求める人は20~30%くらいいる」