Archive for 5月, 2019

なんでもこなす「Google Pixel 3 XL」

日曜日, 5月 19th, 2019

“Googleが販売しているスマートフォンの中でも、特に人気の高い最新機種がGoogle Pixel 3 XLです。
Google Pixel 3 XLは、2015年にリリースされたスマートフォンの影響もあり、今でも期待が強いスマートフォンとして有名です。Google Pixel 3 XLはハイエンドモデルに位置づけられているスマートフォンでもあり、なによりスマートフォンで必要となる機能、遊びを充実している特徴があります。
Google Pixel 3 XLは、インターネットの利用だけでなく、他にもゲームを楽しみたい方にも最適ですし、なにより他のスマートフォンよりも軽量化に成功しているのが大きいです。少しでも小柄なスマートフォンが欲しいという人には、Google Pixel 3 XLがオススメできます。
また、日本版Google Pixel 3 XLはFelicaに対応となっているため、Felicaを今まで利用されていた人でも安心して利用できます。”

飛び出すカメラでノッチなしのVivoスマホ 最新「X27」は何が変わった?

水曜日, 5月 15th, 2019

世界初のインカメラがポップアップするスマートフォン「NEX」を2018年6月に発表したVivoから、正統進化した後継モデル「X27」が発売されました。OPPOの「Find X」は前後のカメラモジュールを含む本体上部が上下しましたが、Vivo NEXは指先よりも小さいインカメラユニットだけを出し入れします。X27はそのNEXをさらに機能強化するとともに、価格を引き下げ買いやすくしています。NEXにはSnapdragon 845搭載の上位モデルと同710搭載のミッドハイレンジモデルがあり、ポップアップするインカメラは800万画素でした。X27はSnapdragon 710モデルのみとなりディスプレイは6.39型と若干小型化、しかし解像度は1080×2340ピクセルとわずかに高くなっています。さて、気になるポップアップカメラは、NEX同様にカメラをフロントに切り替えると出てきます。バネ仕掛けで飛び出すのではなく、モーターを使って出てくるので動きはスムーズ。出し入れの動作はは1秒くらいかかりますが、気になるものではありません。

ベストオールラウンダー:Samsung Galaxy S10

月曜日, 5月 13th, 2019

Samsungにとっては売上の伸び悩みに泣いた2018年。それに逆襲をかけるように登場したGalaxy S10です。トリプル・リアカメラをはじめ、画面下の指紋センサ、スマートなパンチホールセルフィーカメラ、抜群のバッテリー寿命、ワイヤレスPowerShareテクノロジーと、さまざまな新機能を S10とS10+に打ち出してきたSamsungなのです。また2019年、SamsungはS10のストレージを全モデルで128GBにアップしています。ダイナミックなAMOLEDスクリーンも美しく、SamsungはS10でディスプレイが業界最高であることを世に知らしめました。900ドル(約10万円)と1000ドル(11万1000円)のGalaxy S10とS10+は残念ながら安いとは言えません。でも、ひとつですべての用を足そうとするなら、Samsungの最新のフラグシップは文句なくおススメです。画面が小さくてもいいのなら、リアカメラがひとつ少ない750ドル(8万3000円)の Galaxy S10eも悪くないでしょう。ハイエンドと格安の中間層といったところです。詳しくはこちら

スマートフォンの「rafre KYV40」

土曜日, 5月 11th, 2019

手を洗うように泡ハンドソープや泡ボディソープで洗うことができ、手で持ちやすいラウンドフォルムで本体側面に半円形のパワーキーが付いているスマートフォンが「rafre KYV40」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはペールピンク、クリアホワイト、ライトブルーの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約159gになっています。
CPUはMSM8937オタクコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはオートHDRや像面位相差オートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のサブカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには目に優しいブルーカットや安心の耐久設計が採用されています。

スマートフォンの「DIGNO W」

木曜日, 5月 9th, 2019

耐衝撃を備えた耐久設計なのでどのようなシーンでも安心して使用することができ、従来の防水機能に加えて泡ハンドソープや泡ボディソープでも洗えるようになったスマートフォンが「DIGNO W」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブルー、ホワイト、ピンクの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約159gになっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン430オタクコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはオートHDRがついた約1300万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のサブカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには騒がしい場所でも相手の声が聞きやすいスマートソニックレシーバーが付いています。