Archive for the ‘未分類’ Category

やっぱり凄い!AQUOS sense4

水曜日, 5月 19th, 2021

“使いやすさ抜群の大人気シリーズ「AQUOS sense4」をご紹介します。こちらは、2020年11月に発売されたAQUOS senseシリーズの一つで、AQUOS史上最大となる4570mAhの大容量バッテリーを搭載したスマートフォンです。普通のスマートフォンよりも省エネ機能に優れたIGZOディスプレイを搭載しているため、電池持ちが非常に良いです。メールや電話といったシンプルな使い方であれば、約一週間持ちます。またインテリジェントチャージ対応なので、電池の劣化を防ぎ長く使うことができます。どうしても、バッテリーが壊れてしまうとスマートフォンを買い替えないと使えない、ということが起きてしまいますが、バッテリーの劣化を防いでくれるチャージ機能が搭載されているため、長持ちするのです。一度、スマホを契約したらできるだけ長く使いたいという方は必見です。
またアプリを起動させたい、と思った時にサクサク動かせる優れた処理能力を持つsnapdragon720Gをチップセットに搭載している点も魅力ですね。写真を撮りたいと思った時、お気に入りのアプリを開きたいと思った時に瞬時に起動できる、というのは毎日使う上でとても大切なことです。もし今お使いのスマートフォンが少し使いづらいな、と感じている方は是非買い替えも検討してみるといいですね。
またAQUOS senseシリーズは、カメラにも定評があります。AQUOS sense4は、広角からズームまで見たままの景色をそのままカメラに収めてくれるトリプルカメラ搭載、万が一の場合にも安心して撮影できる手振れ補正機能も搭載されているので安心です。また撮影した写真や動画を安心して保存できる64GBのROM搭載なので、大切な写真や動画をたっぷり保存できます。
そしてお風呂や水回りでも安心して使える防水機能や、万が一手から滑って落としてしまった場合にも安心して使えるキズが付きにくいアルミボディで造られている点も魅力です。
最後に、見やすいアイコンや誤操作を防いでくれるタッチ操作の最適化や、アイコンが大きくて見やすい「かんたんモード」搭載なので初めての方も安心して使えます。
シンプルで見やすく、操作も簡単、必要十分な機能を備えたAQUOS sense4です。これから新しいスマホに買い替えを検討している方、ガラケーからスマートフォンに変えたいなと思っている皆さん、是非この機会にデビューしてみてはいかがでしょうか。”

最高級レベル!Xperia 1 IIとは

水曜日, 3月 31st, 2021

“現在、スマホランキングでも上位をキープしている人気モデル「Xperia1Ⅱ」について見ていきたいと思います。Xperia1Ⅱは、Sonyから発売された5Gスマホで最高級レベルといわれるsnapdragon865 5G Mobile Platformを搭載した最新スマホとなっています。他にも5Gに対応しているスマートフォンは沢山ありますが、CPUにこれだけ最高レベルのチップを搭載したモデルは少ないです。もし、今お使いのスマートフォンが使いにくいなと感じている方、最新モデルに変えたい方も是非参考にしてください。
Xperia1Ⅱは、21:9のシネマワイドディスプレイとなっておりXperiaシリーズとしてはお馴染みの縦長ディスプレイです。縦に長いので二つのアプリを同時に起動できる点や、スマートなデザインが非常に使いやすく持ち運びにも便利です。更に4Kにも対応しているので画面も非常に美しいです。スマホで映画を見る方はよくわかると思うのですが、映画を視聴する際に出てくる黒い帯が入らないので非常に見やすいです。片手で持っても楽々運べるデザインなので無理がありません。外出先でもどこにいても快適にスマホ時間を楽しめるというのはとても気持ちが良いものです。是非、Xperia1Ⅱならではの映像美を体験してみてくださいね。
更に「Game enhancer」によってよりゲームを快適に楽しめるようになりました。21:9のシネマワイドディスプレイによって、まるでゲームの世界に入り込んだかのような錯覚に陥るほどその場の臨場感と没入感を味わえます。ゲーム中に電話やメッセージが届いてゲームを中断されるのが嫌な場合は、通知をオフにするだけで快適に楽しむことができます。その他にもゲームプレイ中の録画やシェア、ゲームをしている時に攻略法を検索する時もスムーズに動いてくれます。これは、最高級レベルのCPUが搭載されているため可能になっています。普段からゲームをされる方、スピード感を重視したい方、滑らかに動くスマホをお探しの方は是非検討してみてください。
またXperia1Ⅱは、ゲームだけでなくカメラ機能も非常に優れています。前モデルであるXperia1と比較すると、Photography Proという写真専用機能が搭載されているので、シャッタースピードも速く見たままの景色をそのまま撮影することができます。その他、ホワイトバランスなどきめ細かい設定をすることができるので、スマホに本格的なカメラを内蔵したような仕上がりになっています。シャッター速度をもっと遅くしたい、という時にもマニュアルで全て細かく設定できるので今まで通常撮影では表現できなかった新しい撮影を楽しむことができます。普段からSNSに投稿したり、カメラ機能を重視して選びたい方にもおすすめします。
最高級レベルのCPUを搭載したXperia1Ⅱだからこそ楽しめる魅力がいっぱい詰まった一台となっています。是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。”

シンプルスマホ5と4の違い

金曜日, 3月 19th, 2021

“今回は、今話題の「シンプルスマホ5」についてご紹介致します。また約一年前に発売された「シンプルスマホ4」との違いについても見ていきましょう。もしこれからシンプルスマホ5を検討されている方も参考にしてみてください。
サイズは、シンプルスマホ4が約5インチだったのでシンプルスマホ5の5.5インチというのは一回り大きくなったサイズになっています。少しでも大きな画面で映像を楽しみたい方にはおすすめです。ただ携帯用としてコンパクトなサイズを求めている方は、シンプルスマホ4も検討してみるといいですね。
またディスプレイは、アウトドアビュー機能に対応しています。そのため写真や動画を撮影する際に、細かな調整をしなくても自動で色のコントラストや明るさを調整してくれる「リッチカラーテクノロジーモバイル」にも対応しているのでとても便利です。カメラを向けるだけで実物に近い美しい色味で撮れるので、スマホ初心者の方にもおすすめです。また画面解像度がシンプルスマホ4よりも高くなっている点も魅力の一つと言えるでしょう。
そして気になるカメラは、シンプルスマホ5から深度測定機能が追加されたデュアルカメラになりました。それまでのシンプルスマホ4は、背面にレンズが搭載されたシングルカメラでしたがデュアルカメラになり背景をぼかしたオシャレな写真を簡単に撮れるようになりました。SNSにアップしたり、オシャレな写真を撮りたい方、手ブレ修正機能にも対応しているのでブレにくい点も魅力と言えますね。屋外での撮影が多い方にもおすすめです。
また画面が大きくなっただけでなく、バッテリーが2800mAhから4000mAhにアップしているので長時間使っても安心です。連続通話時間や連続待受時間も長くなっているので、長時間スマホを使うことが多い方にもおすすめします。忙しくて充電をするのが面倒な方、一度の充電で長持ちするスマホをお探しの方も是非検討してみてください。
ただし、CPUに関してはsnapdragon450となっています。シンプルスマホ4がsnapdragon430だったので処理能力は向上しています。
その他にも生体認証に顔認証が追加されるなど、セキュリティー面でも安心して使えるのは嬉しいですね。またスマホを使っている時に横から見られるのを防いでくれる「のぞき見ブロック」機能や「はっきりビュー」機能が搭載されている点も大きな魅力と言えるでしょう。
初めてスマホを使う方も持ちやすく、見やすいディスプレイと使いやすさが魅力のシンプルスマホ5、是非検討してみてはいかがでしょうか。”

3万円台とコスパ◎!Xperia 8

日曜日, 2月 28th, 2021

“今回は、本体価格3万円台で購入できるXperiaのミドルレンジモデル「Xperia8」をご紹介します。Xperiaシリーズというと、ハイスペックで高価なスマートフォンをイメージする方も多いかもしれません。でも今回ご紹介するXperia8は、Xperiaの魅力をぎゅぎゅっと詰め込んでいながらも安価な価格に抑えたモデルになっているので、初めての方でも使いやすくお試しやすい機種になっています。
ちなみにディスプレイは、6.0インチの液晶ディスプレイを搭載しています。Xperiaシリーズというと、6.5インチ以上の大画面ディスプレイを搭載していることが多いのでXperia8は比較的コンパクトなサイズになります。もし、Xperiaシリーズをお使いの方で少し大きいなと感じている方は、このくらいのサイズだと使いやすいかもしれません。またディスプレイの比率がXperiaシリーズの中でも、上位モデルである「Xperia1」や「Xperia5」と同じ縦長の21:9という比率になっているので見やすいですね。
ただしSOCには、snapdragon630を搭載しているので最新モデルと比べるとやや物足りなさを感じるかもしれません。もし普段からゲームをしたり、画面をタッチしてから反応するまでにかかる時間が気になる方、高い処理能力を求めている方には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。ただし、容量は4GBのRAMと64GBのストレージを搭載しているので十分な容量を備えています。これは、2019年夏モデルとして発売された「AQUOS Sense3」や「Xperia Ace」と同じレベルのスマートフォンとなっているので、もし迷っている方は参考にしてください。
またカメラは、メインカメラをはじめとした「望遠レンズ」を搭載しています。最近のエントリーモデルでは、二つ目のレンズとして「超広角レンズ」が搭載されることが多いのですがXperia8のデュアルレンズには「望遠レンズ」が搭載されています。望遠レンズが搭載されていることで、より奥行のある立体的な写真が撮れるため、他の同じようなスペックのスマートフォンと異なる魅力といえるでしょう。もしコンパクトで使いやすいスマートフォンをお探しの方、カメラに望遠レンズが搭載されたスマホをお探しの方は是非、検討してみてください。
21:9の縦長ディスプレイにXperiaらしい高品質なデザイン、本体価格3万円台というXperiaシリーズとしてはかなり安い価格でありながらも、基本的なスペックをまんべんなく搭載した一台となっています。是非この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。”

「Galaxy S20+」と「Galaxy S20」の違い

日曜日, 2月 21st, 2021

“Galaxy S20+は、2020年3月に発売されたGalaxy S20の上位モデルで、Galaxy S10+の後継機になります。今回は、Galaxy S20+とS20の違いについてみていきたいと思います。気になっている皆さん、S20もS20+も名前がよく似ているけど何が違うの?と気になっている方も多いと思うので詳しくみていきたいと思います。
Galaxy S20+は、2020年6月に発売されたGalaxy Sシリーズの最新スマートフォンです。ちなみにドコモからは2020年6月18日に発売されており、auからは2020年6月4日に発売されています。更に、「Galaxy S20 Ultra」という新しい機種も発売されているのですが、日本での発売はないため、どうしても購入したい方は海外から輸入して購入するという形になります。詳しくはGalaxyの公式HPで確認してみてくださいね。
ちなみに本体価格は、Galaxy S20+が109,340円、Galaxy S20は97,460円となっています。8000円くらいの差で上位モデルを購入できるのなら、最新モデルがいいなという方も多いのではないでしょうか。ドコモでは、スマホおかえしプログラムを適用すれば定価から3万円ほど安く購入できるので是非検討している方は、お得なスマホおかえしプログラムを使って購入してくださいね。
そして気になるスペックですが、Galaxy S20+は6.7インチの大画面ディスプレイにsnapdragon865を搭載した最新のCPUを搭載しています。カメラも6400万画素の望遠レンズをはじめとした1200万画素の広角カメラと超広角カメラにTOFカメラが搭載されており、非常に奥行のある撮影が可能になっています。バッテリーも4500mAhになってパワーアップしている点も大きな魅力となっています。
それまでのGalaxy S20は、CPUにsnapdragon865を搭載している点は変わりませんが、画面サイズは6.2インチでカメラもTOFセンサーが搭載されていないトリプルレンズでした。望遠や超広角、広角レンズの画素数は変わりませんが奥行のある撮影を楽しみたいという方には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。カメラで撮影する時は、旅行の写真だったり風景や景色を撮ることが多い、という方であればTOFセンサーが搭載されたGalaxy S20+をおすすめします。
それでもGalaxy S20は、6.2インチのコンパクトなディスプレイでありながら4000mAhのバッテリーを搭載していたり、おサイフケータイや防水機能にも対応しているので普段使いとして使う分には大きな問題はありません。より上位モデル、より最新のスマホを試してみたいという方にはGalaxy S20+をおすすめしますが、そこまでスペックにこだわらない、という方はGalaxy S20でも十分快適に使えると思います。
是非一度検討してみてくださいね。

AQUOS sense4とplusの違いとは?

土曜日, 11月 21st, 2020

“根強い人気を誇るAQUOSsenseシリーズ、今回新しくAQUOS sense4、plusが発売されたので二つの機種の違いについてみていきたいと思います。ちなみに、AQUOS sense4はAQUOS sense3の後継機で、AQUOS sense4plusはAQUOS sense3の後継機になります。
AQUOS sense4は、最もスタンダードなモデルです。特にこだわりがなければAQUOS sense4で問題ありません。ただ、スマホでゲームをしたり動画を楽しみたい方、最新のスペックを詰め込んだ新しい機種を試してみたい方にはAQUOS sense4plusをおすすめします。
AQUOS sense4plusは、AQUOS史上最大の6.7インチを誇る大画面スマホとなっています。幅は、AQUOSsense4が71mm×148mmであるのに対し、AQUOSsense4plusは78mm×166mmとなっています。
画面が大きい分、質量が22g重いので片手で操作するのは少し難しいかもしれません。コンパクトなデザインがお好きな方、片手で操作できるサイズのスマホをお探しの方にはAQUOSsense4をおすすめします。もし迷っている方は、一度店頭でどちらも操作してみると良いですね。意外と画面が大きい方が操作しやすいこともありますし、用途によっては小さい方が使いやすいこともあるからです。日頃、スマホでゲームをされる方、動画をよく見る方は大きい画面の方が見やすいかもしれません。
またディスプレイの違いとして、AQUOSsense4は正面カメラが上部中央に位置する水滴型ノッチになっていますが、plusは画面上部の右側に位置するパンチホール型になっています。どちらもシンプルなデザインなので、特に気になりませんが普段から、自撮り機能をよく利用される方は、画面中央にレンズがあった方が使いやすいかもしれません。
そして画面をタッチした時の反応のしやすさを表すリフレッシュレートは、90Hz駆動なので非常に高性能なスマートフォンであることが分かります。画面をタッチしてから反応するまで時間がかかる、といったことがほとんどないのでストレスなく快適に操作することができます。
最後に指紋センサーが、AQUOSsense4は正面下部に設置されていますが、plusは本体背面に搭載されています。普段使う中で、本体背面にあった方がロック解除しやすい、という方にはplusをおすすめします。ただし、AQUOSsense4はホームボタンやジェスチャー操作でもロックを解除することができるため、普段どのような形で解除したいか検討してみるといいですね。
特別高い性能を求めていない方には、AQUOSsense4のスタンダードモデルをおすすめします。”

お手頃価格のGalaxy A51 5G!

土曜日, 11月 7th, 2020

“5Gスマホとして時期発売される「Galaxy A51 5G」、今回は価格やスペックについて詳しくみていきたいと思います。
高速通信5Gに対応したスマートフォンと聞くと、皆さんどんなイメージをお持ちでしょうか。やっぱり最新の技術を搭載したスマートフォンだから、価格もそれなりに高いのでは、Galaxyシリーズというとどうしても高いイメージがあるという方も多いかもしれません。でも今回のGalaxy A51 5Gは、本体価格を抑えながらも5G通信に対応したミドルレンジモデルとなっているので、5Gスマホがいいけど価格はなるべく抑えたいという方におすすめです。
最新のスペックを搭載したスマートフォンであれば、10万円前後するものが多いのですが、チップセットにSamsungの電子製「Exynos 980」もしくは、クアルコム製の「Snapdragon 765G」を採用することで本体価格を抑えています。snapdragon 865 5Gなど、最新のチップセットを搭載してしまうとスペックは向上するものの、それに伴いどうしても本体価格も上がってしまいます。そういった意味で、少し前に発売されたチップセットを搭載することで価格を抑えることに成功したのです。
多少チップセットの性能が落ちたとしても、重たいゲームを長時間プレイしたり、動画配信アプリを一日に何時間も閲覧する、といった使い方でなければ十分なスペックを搭載しているので特に問題はありません。もしどうしてもミドルレンジモデルではなく、最新のスマートフォンがいいという方は、Galaxy S20 +5Gなどがおすすめです。
気になるGalaxy A51 5Gの本体価格は、未定となっているのでまだいくらで発表されるのか分かりませんが今までのハイスペックなスマートフォンよりは手に取りやすい価格に設定されているはずです。
もし気になる方は、こまめに公式HPを確認して情報をチェックしておいてくださいね。
ちなみにauから発売される「Galaxy A51 5G SCG07(エーフィフティワン ファイブジー エスシージーゼロナナ)」は、メインカメラをはじめ四つのレンズが搭載されたクアッドカメラ搭載、バッテリーも4500mAhあるので十分な容量を備えています。本体カラーは、シンプルなプリズムブリックスホワイトとブラックの二色展開なので、どちらを選んでも使いやすいですね。
5Gスマホを試してみたいけど価格が高くてなかなか手を出せずにいる方、これから5G通信に対応したスマホを試してみたい方、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。それぞれキャリアによって、お得なキャンペーンが開催される場合もあるので是非小まめにチェックしておきましょう。
必要なデータをストレスなく快適に送ることができる、今注目の高速通信5G対応スマホ「Galaxy A51 5G」はauとドコモから発売予定となっているので、是非参考にしましょう。この機会にキャリアの乗り換えを検討している方は本体価格が発表されてから、どちらにするか選んでみてもいいですね。”Galaxy A51公式サイトはこちら

安心の日本製!arrows Be4

日曜日, 10月 4th, 2020

“arrows Be4は、企画から開発、そして部品の組み立て、購入した後のサポートまで全ての工程を日本国内で行う安心安全のスマートフォンです。最近では、海外スマホが沢山発表されていますがやっぱり日本製のスマートフォンがいい、という方も多いと思います。そんな皆さんに、arrows Be4の魅力をご紹介したいと思います。
まず、一番は万が一スマホを落としてしまった場合など不意の落下による画面割れにも非常に強い点です。特にスマホを使い慣れていない方は、手から落として傷つけてしまう、といったことがあります。そうした場合にも安心して使えます。高さ1.5mのところから落として割れないかを確認する落下テストにも合格しているスマートフォンなので、手から落としてしまったくらいではな割れにくいです。他にも、万が一汚れてしまった場合に泡ソープで本体を洗うこともできる丈夫な機能を備えています。屋外でスマホを使っているとどうしても汚れが付いてしまうことがあります、そんな時はしっかり洗えるのでいつでも綺麗な状態をキープすることができる点はarrows Be4ならではと言えるでしょう。またうっかりお風呂の中に水没させてしまったり、水回りで使っていて水が飛んでしまった、という時にも安心して使える防水・防塵機能が搭載されたスマートフォンという点も魅力ですね。
またディスプレイは、5.6インチと非常にコンパクトなので持ち運びにも便利です。普段、動画やゲームは見ない、という方であれば十分でしょう。
バッテリー容量は、2780mAhなので他社スマートフォンと比較すると少し物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、一日使って充電する、というサイクルであれば十分使えます。基本は、ネットで情報を検索するだけ、SNSを見るくらい、という使い方であれば十分快適に使えます。
カメラは、アウトカメラが1310万画素、インカメラが810万画素のシングルカメラです。
更に、今流行のキャッシュレス決済やお子さまにも安心して使える「ジュニアモード」も搭載しているので、基本的な機能がしっかり搭載されたシンプルなスマートフォンとなっています。
これで本体価格2万円なら十分ですね。初めてのスマートフォンで落としても安心して使えるものをお探しの方にもおすすめです。また価格は抑えたいけど、基本的な機能を備えたスマホをお探しの方も、是非参考にしてみてください。”

5G通信に対応!おすすめスマホ3選!

土曜日, 9月 26th, 2020

“次世代高速通信サービス「5G(ファイブジー)」が2020年3月にスタートし、早くも注目が集まっています。5Gとは、現在普及している4G(LTE)を大きく上回る高速で大容量な通信ができること、低遅延という点が大きな魅力です。5GのGとは、Generation(世代)という意味があり、4Gはつまり第四世代という意味があります。第一世代は、1970年代後半に誕生しました。第一世代は、移動しながらでも使える無線式のアナログ携帯電話でした。ここからおよそ10年周期で第二世代、第三世代のパケット通信が可能になり現在の5Gに至ります。今回は、そんな最新の5G通信に対応したおすすめモデルと三つご紹介します。5G通信に対応したスマホを探しているけど、どの機種を選んだらいいか分からない、迷っているという方は是非参考にしてください。
まずおすすめは、「AQUOS R5G」です。CPUにはsnapdragon865を搭載、高速通信を生かすためにつくられたビジュアルに優れたスマートフォンとなっています。6.5インチの大型ディスプレイに明るく美しいPro IGZO液晶を搭載しています。更に8K動画に対応、超広角カメラや広角カメラ、そして最大光学2倍ズーム対応の望遠カメラに、ToFカメラセンサーを搭載したハイスペックなスマートフォンとなっています。本体価格は、Softbank、au、ドコモの三社から発売され、11~12万円となっています。防水、防塵加工も施されているので外でも安心して使えます。またおサイフケータイにも対応しているので、スマホ決算をされる方、移動中はなるべく簡単に決算できる機種がいい、新しいAQUOSのスマホを使ってみたい方におすすめします。
そして「Galaxy S20 5G」もおすすめです。こちらは、6.2インチの有機ELディスプレイを搭載し、120Hzの非常に滑らかな表示を実現しています。画面が大きくなればなるほど、どうしても操作をした時にブレてしまったり、画面をタッチしてから反応するまでに時間がかかることもありますが、120Hzの高速なリフレッシュレートとなっているので快適に使えます。またカメラは、6400万画素のメインカメラに1200万画素の超広角カメラと広角カメラの三つのレンズが搭載されたトリプルレンズになっているので、奥行のある美しい写真や動画が簡単に撮れます。画面の見やすさを重視して選びたい方におすすめです。
最後に「Xperia 1 II」をご紹介します。こちらは、2020年5月に発売されたばかりの最新モデルでディスプレイがアスペクト比21:9のシネマワイドデザインになっている点です。動画を見る方、映画をスマホで見ることが多い方には非常に見やすくおすすめです。プロセッサーには、snapdragon865 5Gを採用するなど最新のスペックを搭載しています。また撮影時に人物や動物の瞳にピントを合わせる「瞳AF」機能を搭載しているので、より美しく綺麗な写真を撮ることができます。
以上の三つの5G対応スマートフォンを参考に選んでみてはいかがでしょうか。”

Huawei P30 Pro New Edition発売間近!

水曜日, 9月 16th, 2020

“今回、Huaweiがドイツで予約受付を開始した新しいスマートフォン「Huawei P30 Pro New Edition」についてみていきたいと思います。Huaweiシリーズのスマートフォンは、店頭でも見かけることが多く名前は良く知っている、という方も多いのではないでしょうか。今最も注目を集めている中国のスマートフォンメーカーなので、是非気になっている方は参考にしてください。
Huawei P30 Pro New Editionは、CPUにHislicon Kirin980を搭載したスマートフォンで、画面は6.47インチ、19:5:5の有機ELディスプレイを搭載しています。スマホで映画を見たり動画を見ることが多い方も満足して楽しめる一台と言えるでしょう。またセキュリティーの面では、指紋認証や顔認証にも対応しているので安心して使えます。
ちなみにHuawei P30 Pro New Editionは、2019年3月に発売されたHuawei P30 Proとほぼ同じスペックを搭載したスマートフォンです。二つの違いは、Huawei P30 Proよりもぐっと価格を抑え低価格で購入できる点や、ブラックやブルーといった既存のスマートフォンに加えて新色のSilver Frostが加わり選べるカラーが増えたことで更に多くのユーザーが楽しめるスマートフォンになったと言えますね。
OSは、android10をベースにしたEMUI10を搭載、GMSを搭載しているのでGoogleアプリを使うことが多い方もスムーズに使えます。バッテリーも4200mAh、ワイヤレス充電に対応しています。
外でスマートフォンを使う方は防水防塵機能が気になる方も多いと思いますが、こちらのHuawei P30 Pro New EditionはIP68の防水機能が搭載されています。急な雨に濡れても安心して使えるので、外でも気軽に使えるスマホをお探しの方にもおすすめです。
またカメラは、Huawei P30 Proと同様に4000万画素のメインカメラを筆頭に2000万、800万のレンズにTOFレンズを加えたクアッドカメラとなっています。最近のスマートフォンは、トリプルレンズやクアッドカメラが主流になっているのでレンズの数は多い方が良いという方にもおすすめです。
そんなHuawei P30 Pro New Editionの気になる価格は、およそ8万8000円となっています。前モデルであるHuawei P30 Proが発売された当時は、9万円台だったので今回新しく発表されたHuawei P30 Pro New Editionは、非常にお得なスマートフォンだと言えますね。スマホの買い替えを検討している方、新しいHuaweiのスマートフォンを使ってみたい方は是非検討してみてください。
発売予定は、2020年5月31日だと言われていますが、正式な内容は公式HPでチェックしておくと安心です。”